借金

時効になっている債権に基づく訴訟に注意しましょう

最近の相談の中に債権回収会社から訴訟を起こされたというご相談がありました。

訴訟の資料を見ていると明らかに最後の弁済から10年以上経過しておりご本人も記憶が定かでないような貸金を基に訴訟提起しているようでした。

時効による消滅は債務者が債権者に主張しなければならないので訴訟提起すること自体は法律上問題ないのですが提訴された方は裁判所から送られて来た書類なので諦めてしまうことがあるかもしれません。

時効であることを裁判で主張すれば債権回収会社は裁判を取り下げてきますので諦めずに対応していくことが肝要です。